1

小売業界から建築業界への転身

『住宅デザインや設計製図を学べる学校を卒業しましたが、就職活動で興味を持った小売業界で働いていました。

前職では山陰両県を点々としていたのですが、いつかは出身地である出雲をベースに長く働きたいと強く思っていた矢先、以前から知っていたイマックスの求人をみつけました 。

はじめは別業種からの転職ということもあり、不安もありましたが、当時の上司に言われた言葉を今も覚えています。
”困った時助けてくれる仲間のいる会社だから、何かあれば助けてといって下さい”

その言葉もありどんな事にも挑戦していこうと思いました。

現在はサービス部に所属しています。

サービス部は、約100箇所の公共・民間施設のメンテナンス保守・修理の仕事をしています。

男性社員が施設のメンナンス、例えば冷房や暖房の使用時期になれば現場を周り、点検や清掃を行います。私は、契約書、見積書、図面・報告書の作成、請求処理をしたりしています。

 

イマックスは建設業としては女性が多く働く職場だと思います。
女性ならではの目線やアイディアで、働きやすい環境にしていく改善があったり、頼りになり尊敬する人がいっぱいいます。イマックスはそんな方たちと一緒に成長したいと思える会社です。』

イマックス広報PR委員会

『イマックスには会社を良くしていくために委員会というものがあります。

これはさまざまな部署からチームが結成されるのですが、私はイマックスを社内外にアピールする為、ウェブやチラシ等、広報活動全般に関わっています。作成した広告の反応が良かった時はうれしいです。

また、年3回発行される社内報「イマ★トピッ」製作、イベントの企画、採用活動など

サービスの仕事同様、こちらの活動にも力を入れています。』