1

これからもイマックスとして良い建物を造っていきたい

大学で経済学を学び、卒業後は金融機関への就職を考えましたが、自分の性格上ちょっとまわりと違うことしたいなという気持ちがありました。

実はあまり建設業に良いイメージを持っていなかったんです。
しかし広島の企業説明会でイマックスを知り、地元のインフラを支えている会社であることはもちろん、説明会で対応してくださった常務の人柄にも魅力を感じたことが大きな決め手となり、地元に貢献できる仕事に就きたいと考え入社しました。

3年経った現在、大きい現場としては2つ目になる特別養護老人ホームの新築工事現場で施工管理として仕事をしています。
ほとんど仕事は現場事務所での業務で、図面作成やお施主様と打合せをしながら現場がスムーズに進むように段取りをします。
本社にいる時間より現場にいる時間が長いですね。

3

何かあれば、小さいことでも逐一確認し調整します。
状況に応じて個人で対応すべきか、全体で相談すべきか、経験を積んだ先輩方が事態を判断される様子はとても勉強になります。
社内の委員会活動では、他部署の方とも交流をさせて頂いています。
現場以外でベテランの先輩方に色々な知識を教えていただける貴重な機会と思い、わからないことは積極的に聞いて成長に繋げられるように意識しています。

以前に比べ、自社以外に他社の業者さんとの打ち合わせも円滑にできるようになってきました。
大変なことはありますが、工事が終わると達成感があり、自分が関わった建物が地元に形として残り、いろんな人に使ってもらえるということに喜びとやりがいを感じています。
これからもイマックスとして良い建物をつくりたいので、自分の知識不足や段取りの善し悪しが現場に影響しないよう、妥協はせず色々と考えながら業務に取り組んでいきます。

2